癌でも 胃がなくても 元気 退院を決意

退院決意
少しの固形物が入っても胃が痛くなり
七転八倒していました
先生が言うには
後遺症だと思って諦めてください」とのことです。
また 「心配でしょうから
心が定まるまで入院していてもいいですよ」
とも言われました。
しかし 、なぜか恥ずかしくなってしまい
また、いつまでも 会社のことを考えると入院しているわけにもいかず、退院を決意しました 。
今考えると
自分のことを中心に考えればよかったのに
また
入院が長ければ長いほどがん特約の付いた 入院の保険金が出たので、
お金の事を考えれば
長くいれば良かったとも思いました。
退院を決意し 自分の心を鼓舞するため
退院後一番初めに大好きなケーキを食べることを目標にしました。
退院手続きをすると、
リハビリテーション総合実施計画書が再度作成され
渡されました。
此処には
退院に向けてのリハビリの計画・退院後のリハビリ目標
などの記載があります。そして、一週間リハビリをしながら、体の動かし方・リハビリ方法や、食事の計画などを教わりました。
退院初日
退院後の一口目はショートケーキでした。
小さなケーキだったので、
何とか 七転八倒 をせずに済みました。
これほど嬉しかったことはありません食事は最大の娯楽ということを実感しました。
なので、今でも、ついつい食べたいものを 食べてしまい、
お腹を痛くし冷や汗をかくことがしばしばあります。
最大の娯楽を 取り上げられてはおりますが、
胃の痛みと付き合いながら、少しでも楽しむようにしています。
これからも 食事などのことを 書いたりして 生活をご報告したいと思います。
また、
8月には大腸の方の手術もありますので準備等の 進行状況を 載せたいと思っています。
ではまた

凍らせたビールが、
シャーベットのようになりコップに流れて注がれていきます。
美味しいですよ。

画像

缶を潰すようにして絞り出しました。




ブラック・ジャック Karte:56 縫い目皮膚の提供者

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブラック・ジャック Karte:56 縫い目皮膚の提供者 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック